由布岳登山情報

2007年09月28日

由布院温泉から見る由布岳

湯布院温泉から美しい姿を見せている由布岳。古来より信仰の対象として崇められ、『古事記』や『豊後国風土記』にもその名が登場するほど美しい山です。深田久弥氏が日本百名山に入れなかったことを後悔した山といわれ、近年新百名山に選定されました。また、日本二百名山のひとつであもあります。最近では、ドラマ「風のハルカ」にも、由布岳が登場しました。湯布院の背景に由布岳がなかったとしたら、ゆふいん温泉街もこれほど評判にはならなかったかもしれませんね。

yufudake.jpg

posted by KEN at 14:03| ゆふいん温泉由布岳

由布岳登山の魅力

由布岳魅力はまずその展望。阿蘇くじゅう国立公園に指定されており、山頂からは日本百名山の九重山、祖母山、阿蘇山などが見はらすことができます。また、天候がよければ英彦山(福岡県)、雲仙岳(長崎県)までの素晴しい眺望も。2時間弱と短い行程にもかかわらず森林限界を超えているので、これだけの展望があるわけですね。こんな山は、なかなかありません。

また、その形の美しさも登山意欲を掻き立てます。豊後富士と呼ばれる美しい円錐、ふもとに広がる草原…。実に絵になりますね。まさに由布市を象徴する壮麗な山です。

麓の草原では、春の野焼きに続いて、キスミレ、エヒメアヤメなどが咲き始め、あまり多くありませんがサクラソウも見ることができます。秋にはヒゴタイ、リンドウ、、サイヨウシャジン、ウメバチソウが草原を彩り、冬には九州でありながら樹氷まで見られます。

ゆふいん温泉への行き帰りなどに、ぜひ登ってみてください。

posted by KEN at 13:59| 由布岳の魅力

由布岳登山│登山道

由布岳登山口には車が20台ほどおける駐車スペースがあります。トイレや公衆電話ボックスなどがありますが、非常に込み合うので注意してください。別府/湯布院の両方向とも一時間に一本ほどのバスがあるので、そちらを使ったほうが無難かもしれません。有料駐車場の隣に由布岳登山道入口があります。由布岳山頂まで、ゆっくりペースで2時間弱

出発後しばらくは、美しい草原を歩きます。さらに進むと雑木林に入り、本格的な登山ルートの登りになります。由布岳には西峰と東峰があり、西峰はチェーンを張った岩場を通るので初心者には少し危険です。東峰は急ではありますが、特に危ないところもなく、初心者でも登れるでしょう。

初めての方は、ほとんど正面登山道(西峰)コースを選んでいて、シーズンには登山者の列ができるほど込み合うこともあります。途中には要所要所に道標が完備しているので、道に迷う心配はあまりありません。

参考サイト「由布岳登山情報」
http://www52.tok2.com/home/naos/m-kyu-yufu-atop.htm

posted by KEN at 13:55| 由布岳登山道

由布岳登山の注意点

由布岳登山注意点ですが、由布岳の登山コースには水場がありませんので、事前に準備が必要です。山頂までは2時間弱の行程なので、1,5Lぐらいのペットボトルの水を持参するといいでしょう。

ちなみに、山へ持参する飲み物は水が基本です。万一の場合、怪我を洗浄したりするのにも使えます。ジュースなどの飲み物だと、これができません。山頂で飲むビール^^以外は、水又はお茶などの無糖飲料で持っていきましょう。

また、中腹以上になると森林限界を超えるので日陰がなく、特に夏は日射対策を忘れずにしてください。帽子はもちろん必携、日焼け対策も必要です。

最後に、冬場の登山は雪が降ることもありますので、決して甘く見てはいけません。冬季に登山をするなら、予備の暖かい服装なども用意していきましょう。

盲点になるのが車の駐車スペースです。シーズンは湯布岳への登山者で非常に込み合うので、車がとめられないことも考えられます。マイカー利用を考えている方は、注意したほうがよさそうです。

posted by KEN at 13:52| 由布岳登山の注意